文具女子博 インクじかん・デコじかんin東京

Share this post

bungujoshi.com

文具女子博に妻と行ってきました。女子博は妻は何回か参加していたのですが、私個人としてははじめてのイベント参加でした。

私たち夫婦ジャーナリングをはじめて以降、ノート作りやアナログな製品で楽しい時間を過ごすことにお熱であり、かわいいノートとかペンとかやはりついつい見にいきたくなっていました。

その中で一ヶ月ぶりの文具女子博として妻も興奮しており、この度、一緒に行こうと話し合っていました。

また個人的にインクや万年筆に興味をもっていたものの買っていくまでの一歩を踏めなかったので、このイベント、インク関連の中心とした、は個人的に絶好の機会でした。

入場券は事前にネットから購入しセブンイレブンで入場券を受け取りいきました。入場券の受け取りはセブンイレブンとファミリーマートのみとのことです。

入場

今回は新宿京王百貨店の7階にて開催。午前の部で参加してみました。

いざ入場してなんだかんだ一番最初に向かった先が Rollbahn さんでした。そして真っ先にカスタムメイドワークショップにてノート作りで。先月、HININE NOTE さんにてオリジナルノート作りをさせていただきましたが、またノート作りをしてしまいましたw。

インク参加まではよーし!万年筆本格デビューするぞ!と思いつつも、万年筆はやはりハードルが高い感じかな?と心の底で思っていました。

その中出展している店舗にガラスペンを出している店舗さんも多く、なぜかガラスペンに目に行きました。ガラスペン自体の発想がなかったわけではないのですが、光の反射で輝く筆の先のあのガラスがなぜか魅力的で惹かれてしまい、上記の万年筆に対する思いもあり避けるための口実・自分への言い聞かせもありガラスペンに飛びついてしまいました。

インク関連でガラスペンなら?簡単にデビューできるかな?という形でガラスペンとインク用ノートも購入しました。

まとめ

今回文具女子博に行けて本当によかったです。インクなどあまり使用したり発想そのものがないので新たな発見であり、また楽しいインク生活を楽しめそうです。

同じく女子博で投稿している方のインスタを拝見させていただいては、あーアレも買ってよかったなと後悔しつつも、沼にハマりそうで。沼にハマっていくのはまた今後にしようと妻と話し合いました。まぁ時間の問題だと思いますが汗

次回はこちら!

Share this post